エピレタの使い方とは?手順を間違うと、効果が得られない?

 

 

エピレタは、どこの部分に使えるのでしょうか?
それはこちら↓

 

エピレタ使い方

 

 

両脇、胸、両腕、両足、うなじ、背中、ヒップに使えます。

 

あとは細かい部部ですとここです↓

 

エピレタ使い方

 

鼻下、あご、トライアングル、Vラインですね。

 

大体、脱毛で人気のある部分には使えると思います。

 

でも、逆に使えない部分もあります。
それは、目、眉毛周り、Iライン、Oライン、乳輪です。

 

その部分には、使わないように注意しましょう。

 

 

エピレタの使い方とは?

 

エピレタを使う時は、しっかりと手順を踏んで使うようにしましょう。
手順を間違うと、思ったような脱毛効果が得られない可能性があります。

 

 

エピレタの使い方はこちら↓

 

シェービング

エピレタ使い方

 

脱毛する箇所を、最初にシェーバーやカミソリで剃ります。
ちなみ毛抜きはダメです。

 

黒い部分がないと、エピレタが反応しません。

 

 

照射レベルを設定

エピレタ使い方

 

電源ボタンを押していくと、照射レベルを設定できます。
ちなみに照射レベルには、レベル1〜5まであります。

 

最初はレベル1から、はじめることをおすすめします。

 

 

 

肌への照射

エピレタ使い方

 

エピレタの照射部分が肌に密着するように使用してください。
照射可能になるとココの部分が点滅します↓

 

エピレタ使い方

 

1回の使用時間は1時間以内にしてください。
あまり、1度にたくさん使うと、肌に悪影響があることがありますからね。

 

 

 

エピレタを使う頻度は?

エピレタ使い方

 

エピレタは、始めの1〜4回は、2週間に1度程度の照射でいいです。

 

で、慣れてきたら1ヵ月に1度程度にしてください。

 

これはあくまでも個人の感覚ですので、脱毛具合に合わせて調整してください。

 

 

最終的には、気になった場合に使用する程度になると思います。

 

 

トップページへ戻る